塗るボトックス デメリット

塗るボトックスのデメリットとは

塗るボトックスと呼ばれているのは、実は「アルジルリン」のことで、ボツリヌス菌から
抽出するボトックスとは全く異なるものです。

 

 

しかしながら、アルジルリンは、しわに対し、ボトックスと同じ効果を発揮することから
塗るボトックスと呼ばれています。

 

 

しわに対してはかなり有効ですが、効果を発揮するまでに多少時間がかかります。
どのくらいかかるかというと、だいたい2週間〜3週間くらいですね。

 

 

気になる副作用も全くないので、そういった意味では安心できると思います。
ボトックス注射は即効性がありますが、値段が高いので、一長一短といったところで
しょうか。

 

 

使用方法も簡単で、洗顔、化粧水の後、塗るボトックスを塗ります。
そのあと乳液をして、後は通常のメイクをするだけ。

 

 

塗るボトックスは一時的にシワを解消しますが、根本から解消するためには、
基礎化粧品を、アンチエイジング用にすると良いでしょう。

 

 

年齢肌ケア用化粧品は、塗るボトックスよりも、お肌に優しく根本から解決します。
気になる方は、一度見てみてくださいね。